×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

にきびを治す正しい洗顔

肌トラブル(若い人でいえね、ニキビや吹き出物、毛穴のつまりや黒ずみ、三十代になるとシミやシワ、たるみやくすみなどが気になりますね。)のなかにも、吹き出物(生理前になるとできるという方も少なくありません)に絶えず悩まされているという人は少なくありません。ニキビ予防にはどうすればいいのでしょうか。吹き出物(生理前になるとできるという方も少なくありません)は実際に顔にできると気分も落ち込みます。にきびで悩んでしまう方は、若い方だけではありません。

にきびに煩わされている人の中には、日々のスキンケアは欠かしたことがないのにできてしまうという人もいます。どうして面皰が発生するのでしょう。思いがけない場所ににきびができると、対人関係も気が進まなくなりますし、コスメも大変です。アクネ桿菌という菌が、毛穴にいることを知っているでしょうか。毛穴からは、代謝作用や体温調整の為に汗や脂質が出ています。皮脂汚れなどで毛穴が詰まると、脂質が体外に出ずに毛穴の中で固まってしまいます。

毛穴にあるアクネ桿菌は、脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)という絶好の養分を得るようですよ。脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)を栄養分とし、アクネ桿菌が増えてしまい、皮膚が炎症(何らかの原因により、免疫応答が働いて起こる症状のことをいいます)を起こす物質を作り出してしまうのです。皮膚(実は常在菌がいるそうです。そう考えるとちょっと怖いかもしれません)が炎症(何らかの原因により、免疫応答が働いて起こる症状のことをいいます)を起こし、化膿して、にきびができるのです。

にきびの予防には毛穴の中の皮脂汚れもきちんとおとす必要があるため、正しい手順での洗顔をしているかどうかが重要になるのです。1日に何度も洗顔している人でも、正しい洗顔方法をしていないと、目には見えない汚れが毛穴の中に残ってしまいます。ニキビ(医学的には、「尋常性ざ瘡」で、顔以外にもできます)の理由は洗顔だけでなく、食事や生活サイクルの内容、肌の状態、ホルモンの関係でも脂の分泌は影響が出ますから、一概にはいいきれません。洗顔だけが上手でも、それ以外の要因によってはにきびができてしまうこともあります。