×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

にきび改善策

にきびを改善するにはどうしたら良いと思いますか?

にきびで悩んでいる方は、にきびケアに関しては嫌になるほど聞いた事だと思いますが・・・

にきび改善に良いと言われる洗顔を頑張った方は多いはずです。でもにきびが改善しなかった人も多いはずです。にきび対策の基本が洗顔なのは間違いありません。にきびが改善しない人は、洗顔方法や洗顔フォームが肌に合っていない為ににきびが改善しないのかもしれません。

にきびを改善するには洗顔は必要不可欠ですが、にきびの原因を理解しておかないと、本当ににきびが改善することはないと思います。特に大人にきび改善には、にきびの原因を知ることです。

それからにきびの原因を取り除く方法を実践していけばいいと思います。所謂思春期にきびは原因がほぼ判っていますから・・・

にきび改善で悩んでいる人は多いですが、まずはできることからはじめていくことが大切だと思います。場合によってはにきび治療に薬や皮膚科の受診も必要だと思いますが基本を疎かにしてはいけませんよ。


にきびと皮脂

にきびの悩みが出てくるのは思春期以降ですね。中学生くらいになると急におでこやあごに、にきびが出てきます。白いにきびや赤いにきびと顔がぶつぶつになりますね。男性だけではなく、女性にもにきびが見られるのが特徴です。鼻やおでこに出来たにきびを潰したりしてにきび痕に注意が必要です。

ところで思春期にきびの原因をご存知ですか?思春期ににきびが出てくる原因としては、男女問わず、男性ホルモンが増加することにあります。男性ホルモンは想像がつくと思いますが、皮脂の分泌を活発化させにきびの原因となります。にきびの原因は毛穴に皮脂がたまることです。

思春期以降になると皮脂腺が発達しますので、皮脂の分泌がどんどん活発になっていきます。しかしまだ毛穴の発達は不十分なため、皮脂を外部に排出することができません。もう一度纏めるとにきびの原因は皮脂量の増加で毛穴が詰まる事です。当然にきび対策及びにきび予防の中心は皮脂を除く事になり、洗顔が大切となる訳です。勿論唯の洗顔ではなく皮脂を取り除く洗顔がにきび予防の最重要です。

にきびの再発

にきび対策が効果を発揮し、にきびが改善されてもその後再発するケースが多いようです。にきびケアの重要点です。一度にきびが出来た箇所は注意が必要です。にきびは同じところに出来ると認識する必要があります。

にきび対策によりにきびが治ったとしても、その箇所はにきびが出来たことにより弱っています。皮膚が弱っているということは、刺激にも敏感になりやすく、また雑菌もつきやすくなります。そのためきちんと注意していないとにきびが再発する可能性は高くなります。

にきびが改善され安心する気持ちを引き締めましょう、にきびは安心することは出来ないのです。皮膚科の先生も注意されないケースが多いですが、にきびは再発すると覚えましょう。にきびが改善されてもすぐに再発してしまう人は、なるべくにきびを早期にケアして、その後ににきびが再発しないように洗顔やにきび薬も継続するようにしましょう。にきび漢方等で体質改善を図りながら日ごろから気をつけておきましょう。

ニキビ跡はどうしたら消える?

ニキビ跡はどうすれば消すことが可能なのでしょうか?

状態によって、選択方法(ああだこうだと?論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)は幾つかあるものです。

・ニキビ跡を消すための市販薬(症状がよくならない場合には、やはり病院に行くべきですね)や化粧品(次から次へと新しい技術、新しい成分が開発されて新商品がでますね)を使用する
・皮膚科や美容整形外科にて治療を受ける

まず、一番簡単なのは、市販品のニキビ跡を消すための薬を使ったり、ビタミンC美容液などといったにきび痕専用の化粧品(価格の大半は広告費にあてられているのだとか。原価率がものすごく高いという話です)でケアをすることです。しかし、それらでは短期間で著しい改善を望むのは難しいですし、また、状態によっては殆ど効果がないこともあります。そういう場合には、皮膚科や美容整形外科での治療をうけるのが効果的でしょう。

皮膚科などで行う治療にはいくつかの種類があるものですが、出来る限り信用の出来る医師(あまり頼りすぎるのもよくありませんが、全く指示に従わないとなると治るものも治らないでしょう)のいる病院を選択したいものです。


なぜなら、場合によっては、何らかの副作用が起きることもある為です。皮膚科で受けられる治療方法には、ケミカルピーリング(アルファヒドロキシ酸やサリチル酸などを使って、皮膚の古い角質層を剥がすことをいいます)といい、表面の皮膚をとってしまい、半強制的に新しい皮膚を再生させるという方法があります。

これは比較的即効性があるものの、肌のためには良い方法(あれこれとするよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)そうはいってもないと言った専門家もいるようです。そ以外には、レーザー治療(様々な用途で使用されていますが、がんの治療でも用いられています)があるようです。

こちらも即効性がありますが、使い方が悪けれね副作用(いかに抑えて、効果だけを得られるようにするかが製薬会社の企業努力でもあります)が出てしまいますから、くれぐれも信用出来る医師(名医と呼ねれる人からヤブと呼ねれる人まで、まさにピンキリといえるでしょう)の施術を受けて下さい。あとはコラーゲン注入によって、クレーターを膨らませて目立たなくする方法もあります。矢吹心の敏感肌のための、本当に正しいニキビケア